二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

露呈した幼児性と酒依存…逆効果だった山口達也の謝罪会見

公開日:

 謝罪会見はダメージを緩和させる目的もあるが、対応がまずければ逆効果になる。

 “TOKIO”の山口達也(46)はまさにその典型だった。冒頭から深々と頭を下げたが、あまりの長さに弁護士が後から突いてようやく頭を上げた。会見も山口の要望で立ったまま行われた。質疑応答が始まるや泣き声が止まらない。

「加害者が泣くことないだろう」との意見もあるが、謝罪を演出した感が見え隠れする。謝罪会見で思い出されるのが市川海老蔵(40)の暴力事件。海老蔵は着席してすべての質問に真摯に対応。毅然とした姿勢はダメージの緩和に繋がった。山口には海老蔵のような大人の姿勢は見られなかった。女子高生に対してのわいせつ行為の説明も疑問点が多かったが、示談が成立している密室の事件。山口の言葉を信じるしかないが、全面的に信じるに足りただろうかー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る