飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

「藤井隆師匠」と飲んだあとは真っすぐ家に帰れなくなる

公開日: 更新日:

 事務所も地元も経歴も違う親友2人が、仕事について語り合った対談の後半編。マルチに活躍する藤井隆さん(46)の原動力について、本コラム著者の飯尾和樹さん(49)がほんわ~かと斬り込みました。

  ◇  ◇  ◇

藤井 僕はすごく恵まれていたんです。吉本新喜劇の劇団員募集で入れてもらって、心斎橋筋2丁目劇場の若手公演に出させてもらったら、すぐに深夜番組のリポーターの仕事が始まるんですね。ひとつの芸を極めるのが良しとされることが多い中、いろんな現場で違うことをしてきました。それで、20代後半の頃、「吉本新喜劇の藤井隆です」ってあいさつしたら、「今は新喜劇に出てないのにそれは違うんじゃない?」って指摘してくれた先輩がいて、自分は何者なんだろうと考えた時期もありました。

飯尾 感度がすごいよね~。これだけ結果を出してきても全然調子に乗らない。俺だったら自分に酔っちゃって、カウントダウンTVで「それじゃあ、聞いってみてくだっさいっ」ってサングラスを掛けて言っちゃう感じになってるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る