飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

「藤井隆師匠」と飲んだあとは真っすぐ家に帰れなくなる

公開日:

 事務所も地元も経歴も違う親友2人が、仕事について語り合った対談の後半編。マルチに活躍する藤井隆さん(46)の原動力について、本コラム著者の飯尾和樹さん(49)がほんわ~かと斬り込みました。

  ◇  ◇  ◇

藤井 僕はすごく恵まれていたんです。吉本新喜劇の劇団員募集で入れてもらって、心斎橋筋2丁目劇場の若手公演に出させてもらったら、すぐに深夜番組のリポーターの仕事が始まるんですね。ひとつの芸を極めるのが良しとされることが多い中、いろんな現場で違うことをしてきました。それで、20代後半の頃、「吉本新喜劇の藤井隆です」ってあいさつしたら、「今は新喜劇に出てないのにそれは違うんじゃない?」って指摘してくれた先輩がいて、自分は何者なんだろうと考えた時期もありました。

飯尾 感度がすごいよね~。これだけ結果を出してきても全然調子に乗らない。俺だったら自分に酔っちゃって、カウントダウンTVで「それじゃあ、聞いってみてくだっさいっ」ってサングラスを掛けて言っちゃう感じになってるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る