桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

長澤まさみ、TOKIO松岡も当たり役 春ドラマは見ごたえあり

公開日:

 GWといっても出かける予定がない人は、ドラマはいかが? 春ドラマのオススメを。

 まずは月9。長澤まさみ主演の「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)。

「リーガルハイ」の古沢良太脚本なので間違いないとは思ったが、長澤演じる信用詐欺師・ダー子のハジけっぷりは堺雅人以上。

 女賭博師にCAに新卒学生に旅館の仲居……くるくる変わるコスプレに、変顔も辞さない体当たりの演技でコメディエンヌぶりを発揮。東出昌大演じるボクちゃんみたいに長澤に振り回されたい! と思う男性も多いはず。

「JP」と同じ1話完結は「正義のセ」(日本テレビ系)。

 吉高由里子が正義感の強い新米検事になって奮闘。木村拓哉の「HERO」の女性版で既視感は否めないが、気楽に見られていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る