てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「クズ」のまま年を重ねて 六角精児が放つ唯一無二の個性

公開日: 更新日:

「年取って何かに気づく方が幸せじゃないですか?」(六角精児/フジテレビ「アウト×デラックス」4月19日放送)

 六角精児(55)といえば、ドラマ「電車男」(フジテレビ)のネット住民役で注目され、「相棒」(テレビ朝日)の鑑識・米沢役でブレークした個性派俳優だ。55歳になった現在、今更ながら気づいたことがあるという。

 それは「ネットするならスマホが便利」「野菜は食べた方がいい」「ギャンブルで生きていくのは難しい」「夫婦関係は難しい」といった若い頃に気づかないといけないような当たり前のことばかり。そう指摘されて返した言葉を今週は取り上げたい。

 六角はもともと、別に俳優になりたいなどとは思っていなかった。先輩にたまたま誘われて劇団に入り、舞台に立つようになると、その自堕落な性格のため、学校へも行かず、将来のビジョンもないまま、年齢を重ね、後戻りできないようになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る