年収15倍も 出世より現場選んだ有働アナの“バラ色の未来”

公開日: 更新日:

 出世よりも現場。3月31日付でNHKを退社していた有働由美子アナ(49)は、管理職ポストへの昇進の道があった。それを蹴って、「今後、有働由美子という一ジャーナリストとして」取材などに当たっていくと決断し、NHKを去った。

 サラリーマンとして考えれば、何とももったいないようにも見える。フリーになればNHKという大看板にはもう頼れない。今後は芸能事務所からのオファー殺到も考えられるが、実際のところはどうなのだろうか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「知名度は超のつく全国区ですし、言いたいことを言って嫌われないキャラクター、好感度といい、『あさイチ』で主婦層に支持され高視聴率を維持したキャリアといい、有働さんの商品価値は抜群ですよ。どの民放であれ、ぜひとも自分たちの番組に出ていただきたいと、獲得に動き始めていると思います。芸能プロからの誘いは、これまでもあったでしょうが、ますます争奪戦になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る