年収15倍も 出世より現場選んだ有働アナの“バラ色の未来”

公開日:  更新日:

 出世よりも現場。3月31日付でNHKを退社していた有働由美子アナ(49)は、管理職ポストへの昇進の道があった。それを蹴って、「今後、有働由美子という一ジャーナリストとして」取材などに当たっていくと決断し、NHKを去った。

 サラリーマンとして考えれば、何とももったいないようにも見える。フリーになればNHKという大看板にはもう頼れない。今後は芸能事務所からのオファー殺到も考えられるが、実際のところはどうなのだろうか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「知名度は超のつく全国区ですし、言いたいことを言って嫌われないキャラクター、好感度といい、『あさイチ』で主婦層に支持され高視聴率を維持したキャリアといい、有働さんの商品価値は抜群ですよ。どの民放であれ、ぜひとも自分たちの番組に出ていただきたいと、獲得に動き始めていると思います。芸能プロからの誘いは、これまでもあったでしょうが、ますます争奪戦になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る