• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年収15倍も 出世より現場選んだ有働アナの“バラ色の未来”

 出世よりも現場。3月31日付でNHKを退社していた有働由美子アナ(49)は、管理職ポストへの昇進の道があった。それを蹴って、「今後、有働由美子という一ジャーナリストとして」取材などに当たっていくと決断し、NHKを去った。

 サラリーマンとして考えれば、何とももったいないようにも見える。フリーになればNHKという大看板にはもう頼れない。今後は芸能事務所からのオファー殺到も考えられるが、実際のところはどうなのだろうか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「知名度は超のつく全国区ですし、言いたいことを言って嫌われないキャラクター、好感度といい、『あさイチ』で主婦層に支持され高視聴率を維持したキャリアといい、有働さんの商品価値は抜群ですよ。どの民放であれ、ぜひとも自分たちの番組に出ていただきたいと、獲得に動き始めていると思います。芸能プロからの誘いは、これまでもあったでしょうが、ますます争奪戦になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る