天敵の芸能マスコミも唸る 元NHK有働由美子アナの“神対応”

公開日: 更新日:

■かつては直撃記者に「合コンしましょう」

 といって、何でもしゃべっているわけでもないらしい。こんな見方もある。

「ご自分のことはよくしゃべられますけど、たとえばそれ以外、同年代の友だちとされる石田ゆり子さんのことなどは、質問してもほとんどしゃべりません。結婚問題についてもそう。相手の実業家の男性には幼い娘さんが3人いて、そういうところもおもんぱかっての完全否定なのでしょう。自分のことで迷惑をかけたくないという確たる思いが伝わってきます」(スポーツ紙芸能デスク)

 かつては自宅前で直撃した週刊誌の記者に対して「合コンやりましょうよ」と持ちかけて記者をトリコにし、取材をケムに巻いたことも。いろんな意味でプロフェッショナルなのが有働。どんなジャンルでも活躍しそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  5. 5

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  8. 8

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  9. 9

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  10. 10

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る