“最強スカウト”マツコの一声で 有働アナ所属先決定の裏側

公開日:

 3月末にNHKを退社したアナウンサーの有働由美子(49)が、マツコ・デラックス(45)が在籍する芸能事務所「ナチュラルエイト」に所属することが明らかになった。

 事務所に確認すると「代表がいないので答えられません」と回答は得られなかったが、有働はCM契約料だけで3000万円はくだらないとも言われる“金の卵”。そんな有働を獲得したとなれば大金星だ。

 大手芸能プロはもちろん、10社以上が水面下で動いていたにもかかわらず、彼女が選んだのは大手ではなかったのは驚きである。

 同社はマツコとお笑いコンビ・くりぃむしちゅー以外は目立ったタレントがいない新興系の事務所。決め手はマツコの一声だったという。

 2人は昨年放送の「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」(NHK)で共演して以来、親交を深めていたという。マツコは現在の事務所の社長に対して「アンタが事務所をつくるならアタシが入る」と宣言し同社を立ち上げたというほど社長に全幅の信頼を置いており、くりぃむしちゅーも同社に替わってから仕事も上向きに。そんな事例も踏まえ、マツコが有働を口説いたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る