吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

水道橋博士<後編>硬派からバカまで…“師匠”譲りの振り幅

公開日:

 水道橋博士には恩がある。

「日本のテレビの歴史って面白くて秘かに先輩にインタビューしたりして調べてるんだけど、どこかで発表できませんかね?」

「それ僕のやっている『メルマ旬報』でやりましょう」

 こうして私のメルマガ連載「吉川圭三の『メディア都市伝説』」が始まり、博士がツイッターで呟いてくれたおかげで、新書を発刊するまでになった。それが「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館刊)である。所ジョージさんには「読んだよ~面白かった」との言葉を頂き、この本のフィクサーである博士は、「ほら、こういうことがあるんだよね~。でもああいうことは記録しておかないとね。良かった。良かった」と喜んでくれた。

 博士と最初にプライベートで食事をした時の印象は「この人怒らせたらきっと怖い。しかも、公平に見て自己に正当性がある時しか怒らないだろうな」だった。記憶力も抜群、喧嘩の作法も知っている……そこは師匠譲りなのだろうか。大阪の生放送番組中にスタジオから出てしまったり、ノンフィクションライターの佐野眞一氏を闇に葬り去った橋下徹と一歩も引かずに武闘を演じたり、「笑っていいとも!」にゲスト出演したリリー・フランキーに高級ダッチワイフを持たせてスタジオを凍りつかせたり、硬派からバカまで振り幅がものすごい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る