「嵐」も失速感…避けられぬ経年劣化でジャニ帝国決壊寸前

公開日:

「これから4人で力を合わせて頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします」――。

 山口達也(46)の契約解除でメンバーが1人減り、存続を危ぶむ声もあるTOKIOが再スタートを切った。フジテレビ系「TOKIOカケル」の収録では、リーダーの城島茂(47)がそう挨拶し、スタッフに頭をさげていたという。

 スポーツ紙は「4人のTOKIO」が世間に受け入れられるか、平坦ではない道が待つと報じていたが、どうなのか。長くジャニーズを取材する担当記者はこう言う。

「アイドルグループとして、結成20周年を超えてやっているというのがそもそも無理なんです。TOKIOは2014年に20周年ライブを大々的にやって以降、ライブ活動を休止しているのが、なによりの証拠。山口の不祥事より前から失速していました。SMAPもあの独立騒動で結局分裂し、28年の活動に終止符が打たれましたけど、国民的グループと呼ばれたSMAPでも20周年を過ぎたあたりでパワーダウンしていた。独立騒動のドタバタ劇は背景にこの経年劣化があったようにみえます。TOKIOも同じようなサイクルを辿り、そして今、ジャニーズの看板である嵐が来年の20周年を前に失速感が出始めている。20周年の節目あたりで、中居正広の司会のように、グループとは違う食いぶちを見つけなければ結果的にしぼんでしまうのが目に見えている。メンバーも事務所も心配でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る