「嵐」も失速感…避けられぬ経年劣化でジャニ帝国決壊寸前

公開日: 更新日:

「これから4人で力を合わせて頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします」――。

 山口達也(46)の契約解除でメンバーが1人減り、存続を危ぶむ声もあるTOKIOが再スタートを切った。フジテレビ系「TOKIOカケル」の収録では、リーダーの城島茂(47)がそう挨拶し、スタッフに頭をさげていたという。

 スポーツ紙は「4人のTOKIO」が世間に受け入れられるか、平坦ではない道が待つと報じていたが、どうなのか。長くジャニーズを取材する担当記者はこう言う。

「アイドルグループとして、結成20周年を超えてやっているというのがそもそも無理なんです。TOKIOは2014年に20周年ライブを大々的にやって以降、ライブ活動を休止しているのが、なによりの証拠。山口の不祥事より前から失速していました。SMAPもあの独立騒動で結局分裂し、28年の活動に終止符が打たれましたけど、国民的グループと呼ばれたSMAPでも20周年を過ぎたあたりでパワーダウンしていた。独立騒動のドタバタ劇は背景にこの経年劣化があったようにみえます。TOKIOも同じようなサイクルを辿り、そして今、ジャニーズの看板である嵐が来年の20周年を前に失速感が出始めている。20周年の節目あたりで、中居正広の司会のように、グループとは違う食いぶちを見つけなければ結果的にしぼんでしまうのが目に見えている。メンバーも事務所も心配でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る