「嵐」も失速感…避けられぬ経年劣化でジャニ帝国決壊寸前

公開日:

「これから4人で力を合わせて頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします」――。

 山口達也(46)の契約解除でメンバーが1人減り、存続を危ぶむ声もあるTOKIOが再スタートを切った。フジテレビ系「TOKIOカケル」の収録では、リーダーの城島茂(47)がそう挨拶し、スタッフに頭をさげていたという。

 スポーツ紙は「4人のTOKIO」が世間に受け入れられるか、平坦ではない道が待つと報じていたが、どうなのか。長くジャニーズを取材する担当記者はこう言う。

「アイドルグループとして、結成20周年を超えてやっているというのがそもそも無理なんです。TOKIOは2014年に20周年ライブを大々的にやって以降、ライブ活動を休止しているのが、なによりの証拠。山口の不祥事より前から失速していました。SMAPもあの独立騒動で結局分裂し、28年の活動に終止符が打たれましたけど、国民的グループと呼ばれたSMAPでも20周年を過ぎたあたりでパワーダウンしていた。独立騒動のドタバタ劇は背景にこの経年劣化があったようにみえます。TOKIOも同じようなサイクルを辿り、そして今、ジャニーズの看板である嵐が来年の20周年を前に失速感が出始めている。20周年の節目あたりで、中居正広の司会のように、グループとは違う食いぶちを見つけなければ結果的にしぼんでしまうのが目に見えている。メンバーも事務所も心配でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る