二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

主役俳優の美学貫く 田村正和の引退にみるスターの引き際

公開日: 更新日:

 プロスポーツの世界には「引退」があり、有名選手の引退会見の言葉は度々、語り草になる。

 芸能界に目を転じると、「引退」したはずが撤回して復帰する人もいるように、完全なる引退は少ない。必然的に正式な引退会見も聞かないが、二枚目俳優としてドラマ界を代表する顔だった田村正和(74)が静かに引退宣言した。すでに親しい人には今年の年賀状で「のんびりしたい。無職の日々が楽しみです」と挨拶していた。それを受けた形で先月、週刊誌の直撃取材に「もう僕は十分やったよ」とあっさり引退を決めたという。

 きっかけは2月に放送された田村の代表作のひとつ「眠狂四郎」シリーズの集大成「The Final」の試写を自ら見たことだった。田村は「もうだめだなあ」と悟ったという。デビュー当初こそ脇役だった田村だが、後は主演でしかも二枚目役者として貫き通してきた。一時、「キザでセリフが聞き取りにくい」といわれたこともあったが、いつしかキザも田村の魅力。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る