二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

主役俳優の美学貫く 田村正和の引退にみるスターの引き際

公開日: 更新日:

 プロスポーツの世界には「引退」があり、有名選手の引退会見の言葉は度々、語り草になる。

 芸能界に目を転じると、「引退」したはずが撤回して復帰する人もいるように、完全なる引退は少ない。必然的に正式な引退会見も聞かないが、二枚目俳優としてドラマ界を代表する顔だった田村正和(74)が静かに引退宣言した。すでに親しい人には今年の年賀状で「のんびりしたい。無職の日々が楽しみです」と挨拶していた。それを受けた形で先月、週刊誌の直撃取材に「もう僕は十分やったよ」とあっさり引退を決めたという。

 きっかけは2月に放送された田村の代表作のひとつ「眠狂四郎」シリーズの集大成「The Final」の試写を自ら見たことだった。田村は「もうだめだなあ」と悟ったという。デビュー当初こそ脇役だった田村だが、後は主演でしかも二枚目役者として貫き通してきた。一時、「キザでセリフが聞き取りにくい」といわれたこともあったが、いつしかキザも田村の魅力。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る