元夫・船越英一郎が絶対許せない 松居一代の“タブー発言”

公開日: 更新日:

「私は嘘を一切ついておりません」――。

 元夫の船越英一郎(57)から名誉毀損で刑事告訴された松居一代(60)は警視庁北沢署で3時間もの事情聴取を任意で受けた先週、マスコミの取材にこう語った。

 北沢署は松居の逮捕も視野に入れていて、事件化する方向で捜査しているという。昨年6月末から動画サイトやブログなどでつづった船越に対するコメントの内容が事実だったとしても名誉毀損が成立する可能性を指摘する専門家もいて、「正直に、真実を堂々と、全てをお話ししました」と続けた松居は分が悪いようにも見える。実際のところはどうなのか。ワイドショー芸能デスクはこう言う。

「まず、松居さんが発信したコメントのなかで、船越さんが腹に据えかねたものは2つ挙げられる。ひとつは2008年に人間ドックで糖尿病を患っていると船越さんが言われていたということ。イメージキャラクターを務める健康食品のテレビCMへの影響を考えて治療にも消極的だったというようなことまで松居さんに暴露された。そんな体調にもかかわらず、浮気するためにバイアグラを服用していたということまで暴露し続けたのはあくまで松居さんの言い分です。もうひとつは、『彼、カツラですから』というもの。植毛などによる増毛の可能性もありますけど、ネットで船越さんの名前を検索すると、今はセットで『カツラ』と出てしまったりするほど、その説を世に知らしめてしまった。これらが船越さんにとってひた隠しにしていた身体的タブーであったとすれば筆舌に尽くしがたいショックであり屈辱であったに違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る