元夫・船越英一郎が絶対許せない 松居一代の“タブー発言”

公開日: 更新日:

「私は嘘を一切ついておりません」――。

 元夫の船越英一郎(57)から名誉毀損で刑事告訴された松居一代(60)は警視庁北沢署で3時間もの事情聴取を任意で受けた先週、マスコミの取材にこう語った。

 北沢署は松居の逮捕も視野に入れていて、事件化する方向で捜査しているという。昨年6月末から動画サイトやブログなどでつづった船越に対するコメントの内容が事実だったとしても名誉毀損が成立する可能性を指摘する専門家もいて、「正直に、真実を堂々と、全てをお話ししました」と続けた松居は分が悪いようにも見える。実際のところはどうなのか。ワイドショー芸能デスクはこう言う。

「まず、松居さんが発信したコメントのなかで、船越さんが腹に据えかねたものは2つ挙げられる。ひとつは2008年に人間ドックで糖尿病を患っていると船越さんが言われていたということ。イメージキャラクターを務める健康食品のテレビCMへの影響を考えて治療にも消極的だったというようなことまで松居さんに暴露された。そんな体調にもかかわらず、浮気するためにバイアグラを服用していたということまで暴露し続けたのはあくまで松居さんの言い分です。もうひとつは、『彼、カツラですから』というもの。植毛などによる増毛の可能性もありますけど、ネットで船越さんの名前を検索すると、今はセットで『カツラ』と出てしまったりするほど、その説を世に知らしめてしまった。これらが船越さんにとってひた隠しにしていた身体的タブーであったとすれば筆舌に尽くしがたいショックであり屈辱であったに違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る