芸能人vs週刊誌…熱愛・密会スクープを巡る攻防の最前線

公開日:

 5月だけでも石原さとみ、三浦春馬、チュートリアル徳井など、芸能界の熱愛報道が止まらない。彼らも常に週刊誌には気を付けているはずなのに、なぜ撮られるのか?

■基本は張り込みだが…

 張り込みを専門とする週刊誌記者が語る。

「基本は自宅の張り込みですが、毎日動きがあるわけではありません。そういう日は都内を車で流して、芸能人のマイカーや事務所の送迎車を見つけて追いかけることもあります。スクープといっても、車を見かけて追っかけたらたまたま撮れただけのラッキーなんてことも多いんです。ただ、これまでは事務所ごとに送迎車が違うので分かりやすかったのですが、今は示し合わせたかのようにすべての事務所が黒いアルファード。リース契約も多いからナンバーを記憶しても仕方がないし、判別しづらくて大変なんです。アメ車の超大型SUVである黒いエスカレードで統一していたEXILEの事務所も今や送迎車は黒いアルファードが多いです。エスカレードが何台も並んで走っている姿は、ハリウッド映画みたいでカッコよかったんですけどね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る