• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベールに包まれた森田童子さん 時代の“痛み”背負い生きた

 本名は非公開、常にトレードマークのサングラスをかけて素顔は明かさず、引退後は私生活を公表することなく、自分の死さえ隠し通したシンガー・ソングライターの森田童子さん(享年65)。4月24日の死去から1カ月半後の6月11日にJASRAC会報の訃報欄で初めてその死が公になった。

 1975年にレコードデビュー。ライブハウスを中心に活動し、熱狂的なファンを獲得したが83年に引退。93年に放送されたテレビドラマ「高校教師」の主題歌に使われた「ぼくたちの失敗」は100万枚に迫る大ヒット。メディアの取材や再デビュー要請が殺到したが、「今は普通の主婦。そっとしておいてほしい」とかたくなに沈黙を守り、最後まで表舞台に復帰することはなかった。

 なぜか。それは、彼女の歌が「時代の痛み」を共有するものだったからだ。

 デビュー曲の「さよならぼくのともだち」は70年安保の学生運動で挫折した若者たちへの哀切に満ちた挽歌であり、明るいラブソングは、ドロップアウトした孤独な若者の痛みに寄り添っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る