ベールに包まれた森田童子さん 時代の“痛み”背負い生きた

公開日:

 本名は非公開、常にトレードマークのサングラスをかけて素顔は明かさず、引退後は私生活を公表することなく、自分の死さえ隠し通したシンガー・ソングライターの森田童子さん(享年65)。4月24日の死去から1カ月半後の6月11日にJASRAC会報の訃報欄で初めてその死が公になった。

 1975年にレコードデビュー。ライブハウスを中心に活動し、熱狂的なファンを獲得したが83年に引退。93年に放送されたテレビドラマ「高校教師」の主題歌に使われた「ぼくたちの失敗」は100万枚に迫る大ヒット。メディアの取材や再デビュー要請が殺到したが、「今は普通の主婦。そっとしておいてほしい」とかたくなに沈黙を守り、最後まで表舞台に復帰することはなかった。

 なぜか。それは、彼女の歌が「時代の痛み」を共有するものだったからだ。

 デビュー曲の「さよならぼくのともだち」は70年安保の学生運動で挫折した若者たちへの哀切に満ちた挽歌であり、明るいラブソングは、ドロップアウトした孤独な若者の痛みに寄り添っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る