ベールに包まれた森田童子さん 時代の“痛み”背負い生きた

公開日:

 本名は非公開、常にトレードマークのサングラスをかけて素顔は明かさず、引退後は私生活を公表することなく、自分の死さえ隠し通したシンガー・ソングライターの森田童子さん(享年65)。4月24日の死去から1カ月半後の6月11日にJASRAC会報の訃報欄で初めてその死が公になった。

 1975年にレコードデビュー。ライブハウスを中心に活動し、熱狂的なファンを獲得したが83年に引退。93年に放送されたテレビドラマ「高校教師」の主題歌に使われた「ぼくたちの失敗」は100万枚に迫る大ヒット。メディアの取材や再デビュー要請が殺到したが、「今は普通の主婦。そっとしておいてほしい」とかたくなに沈黙を守り、最後まで表舞台に復帰することはなかった。

 なぜか。それは、彼女の歌が「時代の痛み」を共有するものだったからだ。

 デビュー曲の「さよならぼくのともだち」は70年安保の学生運動で挫折した若者たちへの哀切に満ちた挽歌であり、明るいラブソングは、ドロップアウトした孤独な若者の痛みに寄り添っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る