ベールに包まれた森田童子さん 時代の“痛み”背負い生きた

公開日:

 そんな彼女が時代に合わせた歌を歌うわけがない。

 引退後はメディアに出ることを拒否したため私生活は秘密のベールに包まれたが、マネジャーだった前田亜土氏(2010年没)と結婚し、お子さんもいると聞く。

 むろん、真偽の定かでないウワサも多々ある。

 中でも根強くささやかれたのが、ある有名作詞家の姪ではないかという風説。ファンサイトでもしばしば取り上げられたが臆測の域を出ない。

 初期の歌には「球根栽培」「孤立無援の思想」という政治の季節を象徴する歌詞が並ぶ。

「球根栽培」とは爆弾製造法のことであり、「孤立無援――」は学生に人気のあった作家・高橋和巳の著書だ。

 学生運動に共感を寄せた彼女はとめどなく右傾化する今の日本をどう見つめてきたのか。

 森田童子さんはある時代の「痛み」を背負って生き、殉じたといえる。合掌。

(演劇ジャーナリスト・山田勝仁)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る