“第2の渡瀬マキ”から転身 美人女将が赤裸々に語る紆余曲折

公開日:

「うつ病になるのは紙一重。たとえ、恵まれた環境で育ったとしても誰もがなりえるものだとお伝えしたかったんです」

 波瀾万丈な半生をつづった「廻り道をしたけれど」(いのちのことば社)を先月出版した宮田まいみさん(37)。現在は実家である群馬の老舗旅館「万座温泉 日進舘」の女将として元気にもり立てているが、壮絶な過去を持つ。短大時代にうつ病が発症し、気分転換に誘われたローリング・ストーンズのライブで音楽に開眼。人気ロックバンド「リンドバーグ」のドラマーが新たに結成した「GaGaalinG(ガガーリング)」のボーカルに抜擢され、第2の渡瀬マキとしてメジャーデビューするもプレッシャーにさいなまれ、2度の自殺未遂を経験した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る