“第2の渡瀬マキ”から転身 美人女将が赤裸々に語る紆余曲折

公開日:

「うつ病になるのは紙一重。たとえ、恵まれた環境で育ったとしても誰もがなりえるものだとお伝えしたかったんです」

 波瀾万丈な半生をつづった「廻り道をしたけれど」(いのちのことば社)を先月出版した宮田まいみさん(37)。現在は実家である群馬の老舗旅館「万座温泉 日進舘」の女将として元気にもり立てているが、壮絶な過去を持つ。短大時代にうつ病が発症し、気分転換に誘われたローリング・ストーンズのライブで音楽に開眼。人気ロックバンド「リンドバーグ」のドラマーが新たに結成した「GaGaalinG(ガガーリング)」のボーカルに抜擢され、第2の渡瀬マキとしてメジャーデビューするもプレッシャーにさいなまれ、2度の自殺未遂を経験した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る