• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“第2の渡瀬マキ”から転身 美人女将が赤裸々に語る紆余曲折

「うつ病になるのは紙一重。たとえ、恵まれた環境で育ったとしても誰もがなりえるものだとお伝えしたかったんです」

 波瀾万丈な半生をつづった「廻り道をしたけれど」(いのちのことば社)を先月出版した宮田まいみさん(37)。現在は実家である群馬の老舗旅館「万座温泉 日進舘」の女将として元気にもり立てているが、壮絶な過去を持つ。短大時代にうつ病が発症し、気分転換に誘われたローリング・ストーンズのライブで音楽に開眼。人気ロックバンド「リンドバーグ」のドラマーが新たに結成した「GaGaalinG(ガガーリング)」のボーカルに抜擢され、第2の渡瀬マキとしてメジャーデビューするもプレッシャーにさいなまれ、2度の自殺未遂を経験した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る