“劣化知らず”のんが女優復帰に意欲 それでも高いTVの壁

公開日:

 女優の“のん”(24)が2日、都内で行われたLINEモバイルの発表会にCMキャラクターとして登場した。

 同社のCMキャラクター起用から1年経ったことにからめ、この1年を振り返り「割と忙しかったです。CMでキリンジさんの『エイリアンズ』を歌わせていただいて『のんは歌うんだ!』と知れ渡ったことで音楽デビューできました。今年の下半期は頑張って女優としての仕事を発表できたらいいなと思っています。みなさん、(女優としての私を)見たいとおっしゃっているので、頑張りたいです!」と、女優復帰に意欲を見せた、のん。

「あまちゃん」(NHK)から、はや5年。事務所移籍騒動で一時期は表舞台から消えてしまったが、人々の記憶から忘れ去られることなく、広告の仕事があるのは彼女の実力と人気のたまものだろう。

 とはいえ、お呼びのかかるところは、芸能界とのしがらみが薄い官公庁と外資系企業……。LINEも韓国NHN(現ネイバー)が開発しており大本は外資だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る