• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“劣化知らず”のんが女優復帰に意欲 それでも高いTVの壁

 女優の“のん”(24)が2日、都内で行われたLINEモバイルの発表会にCMキャラクターとして登場した。

 同社のCMキャラクター起用から1年経ったことにからめ、この1年を振り返り「割と忙しかったです。CMでキリンジさんの『エイリアンズ』を歌わせていただいて『のんは歌うんだ!』と知れ渡ったことで音楽デビューできました。今年の下半期は頑張って女優としての仕事を発表できたらいいなと思っています。みなさん、(女優としての私を)見たいとおっしゃっているので、頑張りたいです!」と、女優復帰に意欲を見せた、のん。

「あまちゃん」(NHK)から、はや5年。事務所移籍騒動で一時期は表舞台から消えてしまったが、人々の記憶から忘れ去られることなく、広告の仕事があるのは彼女の実力と人気のたまものだろう。

 とはいえ、お呼びのかかるところは、芸能界とのしがらみが薄い官公庁と外資系企業……。LINEも韓国NHN(現ネイバー)が開発しており大本は外資だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る