• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

 6日発売の「フライデー」が華原朋美(43)の“不倫愛”を報じた。相手は飯田グループホールディングスの森和彦会長(73)。昨年度の売上高1兆3300億円を誇る東証1部上場の不動産グループ会社のトップだが、森会長には妻もいるというから、紛れもなく不倫だ。“朋ちゃん、おめでとう”と手放しで祝福はしにくい。

 華原はなぜ“面倒くさい男”ばかり選ぶのか。

「華原のつまずきは90年代のアイドル時代に遡ります。バラエティーで共演した小室哲哉に半ば強引にスカウトされ、歌手・華原朋美として再デビューした時はすでに小室の恋人。ところが、4年後の破局で全てを失ってしまう。双方の浮気が破局理由といわれていますが、根底には、多忙を極めた小室に相手にしてもらえない華原の孤独がありました。そこから残念な男性遍歴が始まっていきます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る