今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

公開日: 更新日:

 6日発売の「フライデー」が華原朋美(43)の“不倫愛”を報じた。相手は飯田グループホールディングスの森和彦会長(73)。昨年度の売上高1兆3300億円を誇る東証1部上場の不動産グループ会社のトップだが、森会長には妻もいるというから、紛れもなく不倫だ。“朋ちゃん、おめでとう”と手放しで祝福はしにくい。

 華原はなぜ“面倒くさい男”ばかり選ぶのか。

「華原のつまずきは90年代のアイドル時代に遡ります。バラエティーで共演した小室哲哉に半ば強引にスカウトされ、歌手・華原朋美として再デビューした時はすでに小室の恋人。ところが、4年後の破局で全てを失ってしまう。双方の浮気が破局理由といわれていますが、根底には、多忙を極めた小室に相手にしてもらえない華原の孤独がありました。そこから残念な男性遍歴が始まっていきます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 小室の次に交際が明らかになったのは、加護亜依の元DV夫としても知られた飲食店経営の男性。華原はますます精神的におかしくなっていき、2007年には事務所から解雇されてしまう。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽