今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

公開日:

 6日発売の「フライデー」が華原朋美(43)の“不倫愛”を報じた。相手は飯田グループホールディングスの森和彦会長(73)。昨年度の売上高1兆3300億円を誇る東証1部上場の不動産グループ会社のトップだが、森会長には妻もいるというから、紛れもなく不倫だ。“朋ちゃん、おめでとう”と手放しで祝福はしにくい。

 華原はなぜ“面倒くさい男”ばかり選ぶのか。

「華原のつまずきは90年代のアイドル時代に遡ります。バラエティーで共演した小室哲哉に半ば強引にスカウトされ、歌手・華原朋美として再デビューした時はすでに小室の恋人。ところが、4年後の破局で全てを失ってしまう。双方の浮気が破局理由といわれていますが、根底には、多忙を極めた小室に相手にしてもらえない華原の孤独がありました。そこから残念な男性遍歴が始まっていきます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る