今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

公開日:

 6日発売の「フライデー」が華原朋美(43)の“不倫愛”を報じた。相手は飯田グループホールディングスの森和彦会長(73)。昨年度の売上高1兆3300億円を誇る東証1部上場の不動産グループ会社のトップだが、森会長には妻もいるというから、紛れもなく不倫だ。“朋ちゃん、おめでとう”と手放しで祝福はしにくい。

 華原はなぜ“面倒くさい男”ばかり選ぶのか。

「華原のつまずきは90年代のアイドル時代に遡ります。バラエティーで共演した小室哲哉に半ば強引にスカウトされ、歌手・華原朋美として再デビューした時はすでに小室の恋人。ところが、4年後の破局で全てを失ってしまう。双方の浮気が破局理由といわれていますが、根底には、多忙を極めた小室に相手にしてもらえない華原の孤独がありました。そこから残念な男性遍歴が始まっていきます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る