また二股ネタ…華原朋美のなりふり構わぬフラれキャラ商法

公開日: 更新日:

「私はどうせしあわせになんかなれない。とか男運がないとか。正直そう思いました」「5月とか6月には結婚しようと思った人がいたんです。いろいろと隠れてこそこそとやっているんです」「これからは夜の過激王をめざすことにします」――コレ、全部最近の華原朋美(41)の発言。

 前々から噂はあったが、ここまで徹底されると周囲の見る目も「やっぱりそうだった」という確信に変わってきている。

「“フラれキャラ商法”まっしぐらで間違いありません。精神的に不安定な子だけに“その時々の思いつきでしゃべっている”との見方もありましたが、もう否定できませんね。後に二股騒動に発展した明治天皇の玄孫の一件は、聞かれもしないのに自分から“告白”した話だし、例のプロレスラーの騒動も告白を受けた直後は“普通の友達”とニベもなかったのに、その後のイベントなどでは、“毎日連絡もらってます”と思わせぶりな発言をするようになってきている。小室哲哉との過去を話し出したとたんにマスコミが飛びついてきたことから“これだ!”と思ったのかも知れません」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る