• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また二股ネタ…華原朋美のなりふり構わぬフラれキャラ商法

「私はどうせしあわせになんかなれない。とか男運がないとか。正直そう思いました」「5月とか6月には結婚しようと思った人がいたんです。いろいろと隠れてこそこそとやっているんです」「これからは夜の過激王をめざすことにします」――コレ、全部最近の華原朋美(41)の発言。

 前々から噂はあったが、ここまで徹底されると周囲の見る目も「やっぱりそうだった」という確信に変わってきている。

「“フラれキャラ商法”まっしぐらで間違いありません。精神的に不安定な子だけに“その時々の思いつきでしゃべっている”との見方もありましたが、もう否定できませんね。後に二股騒動に発展した明治天皇の玄孫の一件は、聞かれもしないのに自分から“告白”した話だし、例のプロレスラーの騒動も告白を受けた直後は“普通の友達”とニベもなかったのに、その後のイベントなどでは、“毎日連絡もらってます”と思わせぶりな発言をするようになってきている。小室哲哉との過去を話し出したとたんにマスコミが飛びついてきたことから“これだ!”と思ったのかも知れません」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る