また二股ネタ…華原朋美のなりふり構わぬフラれキャラ商法

公開日:  更新日:

「私はどうせしあわせになんかなれない。とか男運がないとか。正直そう思いました」「5月とか6月には結婚しようと思った人がいたんです。いろいろと隠れてこそこそとやっているんです」「これからは夜の過激王をめざすことにします」――コレ、全部最近の華原朋美(41)の発言。

 前々から噂はあったが、ここまで徹底されると周囲の見る目も「やっぱりそうだった」という確信に変わってきている。

「“フラれキャラ商法”まっしぐらで間違いありません。精神的に不安定な子だけに“その時々の思いつきでしゃべっている”との見方もありましたが、もう否定できませんね。後に二股騒動に発展した明治天皇の玄孫の一件は、聞かれもしないのに自分から“告白”した話だし、例のプロレスラーの騒動も告白を受けた直後は“普通の友達”とニベもなかったのに、その後のイベントなどでは、“毎日連絡もらってます”と思わせぶりな発言をするようになってきている。小室哲哉との過去を話し出したとたんにマスコミが飛びついてきたことから“これだ!”と思ったのかも知れません」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る