話題は“恋バナ”ばかり 華原朋美の暴露路線に周囲も戸惑い

公開日:  更新日:

 芸能人の仕事にも波がある。順調なときはいいが、うまくいかなくなると悩み、考え、手だてを図る。端的な例が女性のヌード。心機一転を図る意図だが、男はそうはいかない。こんな話がある。

 部分カツラをしていたタレント。仕事がジリ貧な状況下、先輩に相談した。

「カツラを取ろうかと思います。取れば多少の話題になり、新たな仕事も増えると思うので」

 先輩は即座に答えた。

「カツラを取っても、せいぜい増毛メーカーのCMにありつけるだけ。それも一過性で終わる。今のままを貫き通せば、また運は回ってくる」

 彼はカツラを取るのをやめた。その意味ではヌードも大差ない。後が続かなくなることが少なくない。そのヌードも最近は減った。体に代わって心のヌードと呼ばれるのが告白。「暴露話」である。歌手の華原朋美(41)がバラエティー番組で暴露話をして話題になっている。かつての恋人・小室哲哉のことから口説いてきた男の話等々――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る