熱愛騒動に“含み”発言で応じる華原朋美のしたたかさ

公開日: 更新日:

「ほとんどの芸能マスコミは真に受けていないと思います」と、女性誌の記者は言う。華原朋美(41)の熱愛がらみのコメントのことだ。

 19日にはデビュー20周年メモリアルブック「華原朋美を生きる。」の発売イベントを開き、日本テレビの番組内で告白されたプロレスラー本間朋晃(38)とのことを質問されると、「毎日メールがくるんです。進展の可能性? なくはないです」と、にこやかに言った。

 翌20日のスポーツ紙には、交際の進展に含みを持たせたと報じられたが、冒頭の記者はこう続ける。

「本間選手にはきちんとした本命の彼女がいるそうです。それを華原さんは知ったうえで、熱愛を話題にしている。相手に彼女がいれば、本気で言い寄られる心配はないし、熱愛でも何でも話題があれば、マスコミは集まってくる。取材する側も、そうした事情を知ったうえで書いたり質問したりしているのですから、同罪かもしれませんが」

 何ともお寒い舞台裏……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る