SNS自慢ばかりのママタレ界で…蛯原友里の際立つ“抜け感”

公開日:

 モデルの蛯原友里(38)が31日、都内で行われたジップロックのイベントに登壇。ジップロックのマルチな収納方法について語った。年に1、2回は家族旅行、夫・ILMARI(43)の実家があるフィンランドに1カ月ほど里帰りをするという蛯原は「旅行のパッキングに活用できることを知って、旅行に行くのが楽しみになります」と語った。

 透かしレースのワンピースに10センチ超のヒールを履きこなす姿は「CanCam」時代と変わらない美しさだが「子供は3歳前、普通より大きめで……よく動くので、動きやすい服装になりました」とママとしての日常も語った。

「CanCam」時代の相方、押切もえ(38)も3月に男児を出産。蛯原は「この前会いました。さっきミルクをあげてきたと話して」とすっかりママの会話になっている様子である。近頃は若手のぺこ(23)からキャリア女優の仲間由紀恵(38)までママタレは増加の一途。市場が激化し、単に“子持ち”だけではウリにならない時代に。そんな中、ネットでは「エビちゃん最強、劣化知らず」と絶賛の声が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る