SNS自慢ばかりのママタレ界で…蛯原友里の際立つ“抜け感”

公開日:

 モデルの蛯原友里(38)が31日、都内で行われたジップロックのイベントに登壇。ジップロックのマルチな収納方法について語った。年に1、2回は家族旅行、夫・ILMARI(43)の実家があるフィンランドに1カ月ほど里帰りをするという蛯原は「旅行のパッキングに活用できることを知って、旅行に行くのが楽しみになります」と語った。

 透かしレースのワンピースに10センチ超のヒールを履きこなす姿は「CanCam」時代と変わらない美しさだが「子供は3歳前、普通より大きめで……よく動くので、動きやすい服装になりました」とママとしての日常も語った。

「CanCam」時代の相方、押切もえ(38)も3月に男児を出産。蛯原は「この前会いました。さっきミルクをあげてきたと話して」とすっかりママの会話になっている様子である。近頃は若手のぺこ(23)からキャリア女優の仲間由紀恵(38)までママタレは増加の一途。市場が激化し、単に“子持ち”だけではウリにならない時代に。そんな中、ネットでは「エビちゃん最強、劣化知らず」と絶賛の声が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る