佐々木希がライバル 押切もえ“ママタレ”進出への前途多難

公開日:

<高らかな産声を聞いた瞬間は、感謝と喜び、愛おしさで涙が溢れました>

 3月7日に第1子を出産したことをブログで発表した押切もえ(38)。インスタグラムでは、夫である涌井秀章(31)と赤ちゃんの3人の手を写した画像をアップし、喜びを表現した。

 押切といえば、蛯原友里(38)や山田優(33)とともに同性からの絶大な支持を受け、ファッション誌「CanCam」の全盛期を支えた1人。だが、結婚前は“負け犬キャラ”としてバラエティー番組に出るなど、2人には水をあけられた格好だ。

「押切は30歳を超えたあたりからモデル以外の方向を模索するため、農業やマラソン、絵画に小説など体育会系、文化系を問わずにチャレンジしました。ですが、『有吉反省会』ではそれら趣味の“にわか”ぶりを暴露され、あっさり認めていましたよ」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る