• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

記者も舌を巻いた “好きなママタレ1位”小倉優子の神対応

 自称「こりん星出身のりんごももか姫」から、子育てと仕事に奮闘する働くママたちのシンボル的存在へ――。タレント小倉優子(34)が注目を集めている。

 オリコンニュースが先月28日に発表した「好きな“ママタレント”ランキングTOP10」で1位に輝いた小倉は、美容師の夫と今年3月に離婚。男児2人を育てながら、すぐに芸能活動を再開させ、今やバラエティー番組に引っ張りだこの人気者だ。「待っていても仕事は来ない」と自ら営業して手作りパンの連載を勝ち取るといったエピソードもあり、「不思議系バラドル」と呼ばれていた頃と比べると、格段にたくましくなったようだ。

 2011年から約5年半の結婚生活は小倉が第2子を妊娠中に前夫と小倉の後輩タレントとの不倫が報じられるなど、度重なる裏切りがあったとされる。自身は身重でしかも幼子を抱え、相当の心労があったのは想像に難くない。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る