• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

記者も舌を巻いた “好きなママタレ1位”小倉優子の神対応

 自称「こりん星出身のりんごももか姫」から、子育てと仕事に奮闘する働くママたちのシンボル的存在へ――。タレント小倉優子(34)が注目を集めている。

 オリコンニュースが先月28日に発表した「好きな“ママタレント”ランキングTOP10」で1位に輝いた小倉は、美容師の夫と今年3月に離婚。男児2人を育てながら、すぐに芸能活動を再開させ、今やバラエティー番組に引っ張りだこの人気者だ。「待っていても仕事は来ない」と自ら営業して手作りパンの連載を勝ち取るといったエピソードもあり、「不思議系バラドル」と呼ばれていた頃と比べると、格段にたくましくなったようだ。

 2011年から約5年半の結婚生活は小倉が第2子を妊娠中に前夫と小倉の後輩タレントとの不倫が報じられるなど、度重なる裏切りがあったとされる。自身は身重でしかも幼子を抱え、相当の心労があったのは想像に難くない。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る