徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

公開日:

 テレビ朝日の看板報道番組「報道ステーション」のキャスター人事で、番組スタッフ関係者の間でハレーションが起こっている。

 10月からの新キャスターとして、元テレ朝で現在フリーの徳永有美アナ(42)を起用。自局の小川彩佳アナ(33)に代え、富川悠太アナ(41)とのコンビで月~木曜を担当させるほか、月~木曜のスポーツキャスターとして同局の竹内由恵アナが就任、金曜は竹内アナと同局小木逸平アナがメインキャスターに。さらにスポーツキャスターとして元競泳日本代表の寺川綾を起用するというものだ。

 騒動のもとになっているのは徳永アナの起用。内部ではこんな声が上がっているという。

「13年ぶりの古巣復帰というが、その13年前の2005年に徳永さんが番組を降板したときの不倫騒動は、視聴者の記憶にも鮮明ではないか。徳永アナはテレ朝社員の夫がいながら、ウッチャンナンチャン内村光良との『不倫』を報じられて大騒動に。それで『スーパーモーニング』『内村プロデュース』から降板し、キャスターを務める予定の『世界水泳』からも降ろされた。同期入社のディレクター(当時)だった夫とは離婚。その後内村と再婚し、子供を産んで表舞台から退いていた。もう禊は済んだと判断したということなのか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る