山田孝之、菅田将暉…テレ朝深夜に主役級が続々出演の背景

公開日:

 テレビ朝日の深夜ドラマが熱い。夏ドラマの平均視聴率(第3話まで)で上位を独占。1位は上川隆也主演の「遺留捜査」で12.8%。2位は東山紀之主演の「刑事7人」で12.0%と好調なのだ。中でも、ドラマ関係者の間で話題になっているのが、「dele」(金曜23時15分~)、「ヒモメン」(土曜23時15分~)の深夜枠。

「dele」は死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事を生業とするデジタル遺品を扱うドラマで初回視聴率は5.5%を記録した。「ヒモメン」はヒモ男と更生させたい女性の社会派コメディーで、4.6%とまずまずの滑り出し。配役も「dele」は山田孝之、菅田将暉のダブル主演で麻生久美子も出演。「ヒモメン」は主演が窪田正孝、ヒロインは川口春奈。いずれも地上波のGP帯の連ドラでも主役を張れる顔ぶれである。なぜ、わざわざ深夜帯に大物を起用するのか。理由をテレビ朝日に聞いてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る