山田孝之、菅田将暉…テレ朝深夜に主役級が続々出演の背景

公開日:

 テレビ朝日の深夜ドラマが熱い。夏ドラマの平均視聴率(第3話まで)で上位を独占。1位は上川隆也主演の「遺留捜査」で12.8%。2位は東山紀之主演の「刑事7人」で12.0%と好調なのだ。中でも、ドラマ関係者の間で話題になっているのが、「dele」(金曜23時15分~)、「ヒモメン」(土曜23時15分~)の深夜枠。

「dele」は死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事を生業とするデジタル遺品を扱うドラマで初回視聴率は5.5%を記録した。「ヒモメン」はヒモ男と更生させたい女性の社会派コメディーで、4.6%とまずまずの滑り出し。配役も「dele」は山田孝之、菅田将暉のダブル主演で麻生久美子も出演。「ヒモメン」は主演が窪田正孝、ヒロインは川口春奈。いずれも地上波のGP帯の連ドラでも主役を張れる顔ぶれである。なぜ、わざわざ深夜帯に大物を起用するのか。理由をテレビ朝日に聞いてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る