• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝の3強独占なるか 春ドラマ“最終決戦”の気になる行方

 春ドラマも終盤。視聴率を見る限り、今期は低調で、各局、軒並みヒトケタ台が続いている。そんな中で強いのはテレビ朝日勢。刑事・警察ドラマで着実に視聴率を稼いでいるのだが、これにTBSが一矢を報いることができるかが最大の焦点。

 トップを走るのは水曜21時「特捜9」。平均視聴率は約14%。2006年から続く人気シリーズの「9係」が主演・渡瀬恒彦の死去で、今期から井ノ原快彦を主演にした新シリーズ「特捜9」へと生まれ変わった。おなじみのメンバーに加え、新たに寺尾聰が参入、チームワークもばっちり。顧客満足度もナンバーワンだ。

 これに続くのが3本で、平均13%前後で競り合っている。テレ朝系が内藤剛志(写真上)主演で木曜20時「警視庁・捜査一課長season3」と、波瑠(同下)&鈴木京香ダブル主演の木曜21時「未解決の女」(7日終了)の2本。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る