テレ朝の3強独占なるか 春ドラマ“最終決戦”の気になる行方

公開日: 更新日:

 春ドラマも終盤。視聴率を見る限り、今期は低調で、各局、軒並みヒトケタ台が続いている。そんな中で強いのはテレビ朝日勢。刑事・警察ドラマで着実に視聴率を稼いでいるのだが、これにTBSが一矢を報いることができるかが最大の焦点。

 トップを走るのは水曜21時「特捜9」。平均視聴率は約14%。2006年から続く人気シリーズの「9係」が主演・渡瀬恒彦の死去で、今期から井ノ原快彦を主演にした新シリーズ「特捜9」へと生まれ変わった。おなじみのメンバーに加え、新たに寺尾聰が参入、チームワークもばっちり。顧客満足度もナンバーワンだ。

 これに続くのが3本で、平均13%前後で競り合っている。テレ朝系が内藤剛志(写真上)主演で木曜20時「警視庁・捜査一課長season3」と、波瑠(同下)&鈴木京香ダブル主演の木曜21時「未解決の女」(7日終了)の2本。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る