テレ朝の3強独占なるか 春ドラマ“最終決戦”の気になる行方

公開日:  更新日:

 春ドラマも終盤。視聴率を見る限り、今期は低調で、各局、軒並みヒトケタ台が続いている。そんな中で強いのはテレビ朝日勢。刑事・警察ドラマで着実に視聴率を稼いでいるのだが、これにTBSが一矢を報いることができるかが最大の焦点。

 トップを走るのは水曜21時「特捜9」。平均視聴率は約14%。2006年から続く人気シリーズの「9係」が主演・渡瀬恒彦の死去で、今期から井ノ原快彦を主演にした新シリーズ「特捜9」へと生まれ変わった。おなじみのメンバーに加え、新たに寺尾聰が参入、チームワークもばっちり。顧客満足度もナンバーワンだ。

 これに続くのが3本で、平均13%前後で競り合っている。テレ朝系が内藤剛志(写真上)主演で木曜20時「警視庁・捜査一課長season3」と、波瑠(同下)&鈴木京香ダブル主演の木曜21時「未解決の女」(7日終了)の2本。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る