テレ朝の3強独占なるか 春ドラマ“最終決戦”の気になる行方

公開日:  更新日:

 春ドラマも終盤。視聴率を見る限り、今期は低調で、各局、軒並みヒトケタ台が続いている。そんな中で強いのはテレビ朝日勢。刑事・警察ドラマで着実に視聴率を稼いでいるのだが、これにTBSが一矢を報いることができるかが最大の焦点。

 トップを走るのは水曜21時「特捜9」。平均視聴率は約14%。2006年から続く人気シリーズの「9係」が主演・渡瀬恒彦の死去で、今期から井ノ原快彦を主演にした新シリーズ「特捜9」へと生まれ変わった。おなじみのメンバーに加え、新たに寺尾聰が参入、チームワークもばっちり。顧客満足度もナンバーワンだ。

 これに続くのが3本で、平均13%前後で競り合っている。テレ朝系が内藤剛志(写真上)主演で木曜20時「警視庁・捜査一課長season3」と、波瑠(同下)&鈴木京香ダブル主演の木曜21時「未解決の女」(7日終了)の2本。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る