• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

えなこは年収2000万円 “コスプレーヤー”に芸能界が熱視線

 有明の東京ビッグサイトで10日から3日間行われた国内最大規模の同人イベント「コミックマーケット94」(以下コミケ)は合計で53万人が来場。大盛況で幕を閉じた。

 今年も、人気ゲーム「FGO」や、「ラブライブ!」「はたらく細胞」などアニメのキャラクターに扮したコスプレーヤーが会場を盛り上げたが、もっとも会場を熱くしたひとりがコスプレタレントのえなこ(24)だ。

 一般的にはあまり知られていないが、えなこがコス広場に登場すると、数百人のファンが彼女をぐるっと囲み、感嘆の声を上げながらシャッター音を鳴らした。別の日に行われたサークル活動(ROMの頒布など)では、えなこりんセット(6000円=写真集2冊とセット限定写真集とうちわ)、ポスター(1000円)、ブロマイドセット(500円)などの物販が完売した。

 今回のイベントだけでもかなりの収入を得たようだが、えなこの稼ぎっぷりはもっとすごい。今年2月に放送された「有吉ジャポン」(TBS系)、「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で本人が「年収2000万円」と明かした。なにしろ、動画配信アプリ「Live.me」のギャラは時給約20万円だという。もっとも、えなこ以外にも大金を稼いでいるコスプレーヤーはいるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る