• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

笑福亭鶴瓶は最低評価? NHK大河で岩倉具視を演じた面々は

 12日の大河ドラマ「西郷どん」の平均視聴率が10.3%とスタート以来最低を記録した。この回のタイトルは「怪人 岩倉具視」。演じているのは笑福亭鶴瓶だが、「鶴瓶にしか見えない」「岩倉が大阪弁って……」などと疑問の声が噴出した。

「薩摩弁にはあれほどこだわっているのに、京都の公家が大阪弁でまくしたてるとは……。鶴瓶はいつものM字ハゲのまま、どう見ても鶴瓶にしか見えない」(ドラマウオッチャー)

 そこで、注目したいのが大河で登場した岩倉を演じた面々。13年「八重の桜」では小堺一機、08年「篤姫」では片岡鶴太郎、04年「新選組!」では中村有志だった。

「小堺もどうかなと思いましたが、演じようという努力は感じました。鶴太郎はよくやっていたし、さらに遡れば90年の『翔ぶが如く』で演じた小林稔侍は得体がしれず、狡猾で鵺(ぬえ)のような存在として実に不気味に演じ、今でも強く印象に残っています」(前出のドラマウオッチャー)

 大河の岩倉で鶴瓶はサイテー!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る