笑福亭鶴瓶は最低評価? NHK大河で岩倉具視を演じた面々は

公開日: 更新日:

 12日の大河ドラマ「西郷どん」の平均視聴率が10.3%とスタート以来最低を記録した。この回のタイトルは「怪人 岩倉具視」。演じているのは笑福亭鶴瓶だが、「鶴瓶にしか見えない」「岩倉が大阪弁って……」などと疑問の声が噴出した。

「薩摩弁にはあれほどこだわっているのに、京都の公家が大阪弁でまくしたてるとは……。鶴瓶はいつものM字ハゲのまま、どう見ても鶴瓶にしか見えない」(ドラマウオッチャー)

 そこで、注目したいのが大河で登場した岩倉を演じた面々。13年「八重の桜」では小堺一機、08年「篤姫」では片岡鶴太郎、04年「新選組!」では中村有志だった。

「小堺もどうかなと思いましたが、演じようという努力は感じました。鶴太郎はよくやっていたし、さらに遡れば90年の『翔ぶが如く』で演じた小林稔侍は得体がしれず、狡猾で鵺(ぬえ)のような存在として実に不気味に演じ、今でも強く印象に残っています」(前出のドラマウオッチャー)

 大河の岩倉で鶴瓶はサイテー!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る