笑福亭鶴瓶は最低評価? NHK大河で岩倉具視を演じた面々は

公開日:

 12日の大河ドラマ「西郷どん」の平均視聴率が10.3%とスタート以来最低を記録した。この回のタイトルは「怪人 岩倉具視」。演じているのは笑福亭鶴瓶だが、「鶴瓶にしか見えない」「岩倉が大阪弁って……」などと疑問の声が噴出した。

「薩摩弁にはあれほどこだわっているのに、京都の公家が大阪弁でまくしたてるとは……。鶴瓶はいつものM字ハゲのまま、どう見ても鶴瓶にしか見えない」(ドラマウオッチャー)

 そこで、注目したいのが大河で登場した岩倉を演じた面々。13年「八重の桜」では小堺一機、08年「篤姫」では片岡鶴太郎、04年「新選組!」では中村有志だった。

「小堺もどうかなと思いましたが、演じようという努力は感じました。鶴太郎はよくやっていたし、さらに遡れば90年の『翔ぶが如く』で演じた小林稔侍は得体がしれず、狡猾で鵺(ぬえ)のような存在として実に不気味に演じ、今でも強く印象に残っています」(前出のドラマウオッチャー)

 大河の岩倉で鶴瓶はサイテー!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る