浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

公開日:  更新日:

 女優・波瑠(27)の主演ドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)が7月14日にスタートした。婚約破棄され、職を失ったヒロインがカリスマ編集者の力を借りてスパルタ婚活をするラブコメディーだ。

 初回の平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調な滑り出し。さすが“新視聴率の女王”の呼び声が高いだけのことはあるが、気がかりなのは波瑠の働きぶりだ。前クールも刑事ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」で主演し、1月期も「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」でわがままなキャリア女性を演じた。

「波瑠は今がまさに稼ぎ時。ノリに乗っている時こそ、出し惜しみをせずに仕事を与えるのが事務所の方針のようです。波瑠はいずれ大河で主役を張れる実力のある女優です。スポンサーサイドとしても、ギャラが高騰する前に使いたいようです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る