浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

公開日: 更新日:

 女優・波瑠(27)の主演ドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)が7月14日にスタートした。婚約破棄され、職を失ったヒロインがカリスマ編集者の力を借りてスパルタ婚活をするラブコメディーだ。

 初回の平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調な滑り出し。さすが“新視聴率の女王”の呼び声が高いだけのことはあるが、気がかりなのは波瑠の働きぶりだ。前クールも刑事ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」で主演し、1月期も「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」でわがままなキャリア女性を演じた。

「波瑠は今がまさに稼ぎ時。ノリに乗っている時こそ、出し惜しみをせずに仕事を与えるのが事務所の方針のようです。波瑠はいずれ大河で主役を張れる実力のある女優です。スポンサーサイドとしても、ギャラが高騰する前に使いたいようです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る