ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

公開日:

 11日放送の日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」(水曜夜10時)の初回視聴率は11・1%と、まずまずの好発進となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。主演は石原さとみ(31)で、脚本は「高校教師」や「101回目のプロポーズ」などを手がけた野島伸司氏のオリジナルだ。

 石原が演じるのは、華道の名門本家に生まれ、美貌、キャリア、財力、家柄、才能の全てを持ち合わせた、まさに"高嶺の花"。そんな彼女が平凡な自転車店主"ぷーさん"と出会い、格差を乗り越え、恋に落ちるという純愛ストーリーだ。

 ところで、その"ぷーさん"を見て「この人、何者?」と思った視聴者もいるだろう。演じているのは、峯田和伸(40)。NHKの朝ドラ「ひよっこ」の"宗男おじさん"といえば、ピンと来る人もいるかもしれない。

「峯田さんは、銀杏BOYZというパンクロックバンドで歌うミュージシャン。客席にダイブしてケガをしたり、ステージで全裸になって公然わいせつ容疑で書類送検されたりと、ライブパフォーマンスは相当熱い。本業は『歌手』と公言していて、本人はインタビューなどで『プロの役者ではないことは十分自覚していて、限界も知っている』と話しているものの、昨年は朝ドラ出演を果たし、来年は大河ドラマへの出演も決まっているなど、俳優としても引っ張りだこです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る