• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHKとケンカ別れして2年…和田アキコ「紅白復帰」の確率は

 2016年の「紅白歌合戦」に落選したことで、NHKとの“確執”が取りざたされてきた和田アキ子(68)。ところが、5日放送の「うたコン」、7日放送の「ごごナマ」とNHKの番組に立て続けに出演したため、“紅白復帰への布石か”と話題になっている。

「和田は紅白出場を逃した2年前、自身のラジオ番組で『今年は見たくない』と吐き捨てました。昨年、安室奈美恵の“大トリ出場”が報じられた時も、『私もトリ、やらせていただいたことありますけど、トリでも豚でも一緒なんですよ』と毒づいた。NHKは和田の一連の発言を細かくチェックしていて、はっきり言って心証は良くないと思います。大みそかのステージに返り咲くのは難しそうだという見方が強いですね」(スポーツ紙記者)

 しかし、和田にとって今年はデビュー50周年を飾るメモリアルイヤーだ。男性グループ「BOYS AND MEN(ボイメン)研究生」とコラボした新曲「愛を頑張って」は、オリコンの週間売り上げランキングで初登場2位を記録。1971年発売の「天使になれない」の自己最高8位を更新した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る