NHKとケンカ別れして2年…和田アキコ「紅白復帰」の確率は

公開日:

 2016年の「紅白歌合戦」に落選したことで、NHKとの“確執”が取りざたされてきた和田アキ子(68)。ところが、5日放送の「うたコン」、7日放送の「ごごナマ」とNHKの番組に立て続けに出演したため、“紅白復帰への布石か”と話題になっている。

「和田は紅白出場を逃した2年前、自身のラジオ番組で『今年は見たくない』と吐き捨てました。昨年、安室奈美恵の“大トリ出場”が報じられた時も、『私もトリ、やらせていただいたことありますけど、トリでも豚でも一緒なんですよ』と毒づいた。NHKは和田の一連の発言を細かくチェックしていて、はっきり言って心証は良くないと思います。大みそかのステージに返り咲くのは難しそうだという見方が強いですね」(スポーツ紙記者)

 しかし、和田にとって今年はデビュー50周年を飾るメモリアルイヤーだ。男性グループ「BOYS AND MEN(ボイメン)研究生」とコラボした新曲「愛を頑張って」は、オリコンの週間売り上げランキングで初登場2位を記録。1971年発売の「天使になれない」の自己最高8位を更新した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る