NHKとケンカ別れして2年…和田アキコ「紅白復帰」の確率は

公開日:

 2016年の「紅白歌合戦」に落選したことで、NHKとの“確執”が取りざたされてきた和田アキ子(68)。ところが、5日放送の「うたコン」、7日放送の「ごごナマ」とNHKの番組に立て続けに出演したため、“紅白復帰への布石か”と話題になっている。

「和田は紅白出場を逃した2年前、自身のラジオ番組で『今年は見たくない』と吐き捨てました。昨年、安室奈美恵の“大トリ出場”が報じられた時も、『私もトリ、やらせていただいたことありますけど、トリでも豚でも一緒なんですよ』と毒づいた。NHKは和田の一連の発言を細かくチェックしていて、はっきり言って心証は良くないと思います。大みそかのステージに返り咲くのは難しそうだという見方が強いですね」(スポーツ紙記者)

 しかし、和田にとって今年はデビュー50周年を飾るメモリアルイヤーだ。男性グループ「BOYS AND MEN(ボイメン)研究生」とコラボした新曲「愛を頑張って」は、オリコンの週間売り上げランキングで初登場2位を記録。1971年発売の「天使になれない」の自己最高8位を更新した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る