堂々ツーショットに批判の声…小泉今日子が貫く“自分流”

公開日: 更新日:

「奥さんと子供のことを考えたら、すぐ横に立つのはいかがなものか」などと、批判の声が上がっている。小泉今日子(52)が交際中の俳優、豊原功補(53)の演出する舞台「またここか」を上演中の劇場入り口で、揃って観客に挨拶する姿への反響である。

 これを撮影した女性自身が「堂々ツーショット」「まるで夫婦のよう」と報じたことにも、「不倫を肯定して欲しくない」と反感を持つ書き込みがネットに続いた。小泉はこの公演の企画プロデュースとして関わっており、観劇に来た客に挨拶しただけで、豊原の家族や世間に豊原との関係を見せようとしたわけではなかったのかも知れない。だが、こうしてマスコミに報じられ、批判もあることをどう受け止めているのだろうか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「限られた場所とはいえ、豊原さんと並んで出ていけば注目を集めるし、マスコミにキャッチされる。それを小泉さんが知らないはずがなく、程度はどうあれ、公になることを前提にした確信犯的なツーショットだったように見えます。もともと小泉さんはゴーイングマイウエーと言いますか、周りがどうとか、世間がどうのではなく、自分はこうだという考えを前面に押し出して生きるタイプ。それで批判を浴びても構わないというところがある。それはアイドル時代からの個性で、だからこそ花の82年組の同期でもある中森明菜さんをはじめ、一定の女性らから信奉されてきました。そういう生き方を今も続け、変わらないということでしょう」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速