堂々ツーショットに批判の声…小泉今日子が貫く“自分流”

公開日: 更新日:

「奥さんと子供のことを考えたら、すぐ横に立つのはいかがなものか」などと、批判の声が上がっている。小泉今日子(52)が交際中の俳優、豊原功補(53)の演出する舞台「またここか」を上演中の劇場入り口で、揃って観客に挨拶する姿への反響である。

 これを撮影した女性自身が「堂々ツーショット」「まるで夫婦のよう」と報じたことにも、「不倫を肯定して欲しくない」と反感を持つ書き込みがネットに続いた。小泉はこの公演の企画プロデュースとして関わっており、観劇に来た客に挨拶しただけで、豊原の家族や世間に豊原との関係を見せようとしたわけではなかったのかも知れない。だが、こうしてマスコミに報じられ、批判もあることをどう受け止めているのだろうか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「限られた場所とはいえ、豊原さんと並んで出ていけば注目を集めるし、マスコミにキャッチされる。それを小泉さんが知らないはずがなく、程度はどうあれ、公になることを前提にした確信犯的なツーショットだったように見えます。もともと小泉さんはゴーイングマイウエーと言いますか、周りがどうとか、世間がどうのではなく、自分はこうだという考えを前面に押し出して生きるタイプ。それで批判を浴びても構わないというところがある。それはアイドル時代からの個性で、だからこそ花の82年組の同期でもある中森明菜さんをはじめ、一定の女性らから信奉されてきました。そういう生き方を今も続け、変わらないということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る