堂々ツーショットに批判の声…小泉今日子が貫く“自分流”

公開日: 更新日:

「奥さんと子供のことを考えたら、すぐ横に立つのはいかがなものか」などと、批判の声が上がっている。小泉今日子(52)が交際中の俳優、豊原功補(53)の演出する舞台「またここか」を上演中の劇場入り口で、揃って観客に挨拶する姿への反響である。

 これを撮影した女性自身が「堂々ツーショット」「まるで夫婦のよう」と報じたことにも、「不倫を肯定して欲しくない」と反感を持つ書き込みがネットに続いた。小泉はこの公演の企画プロデュースとして関わっており、観劇に来た客に挨拶しただけで、豊原の家族や世間に豊原との関係を見せようとしたわけではなかったのかも知れない。だが、こうしてマスコミに報じられ、批判もあることをどう受け止めているのだろうか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「限られた場所とはいえ、豊原さんと並んで出ていけば注目を集めるし、マスコミにキャッチされる。それを小泉さんが知らないはずがなく、程度はどうあれ、公になることを前提にした確信犯的なツーショットだったように見えます。もともと小泉さんはゴーイングマイウエーと言いますか、周りがどうとか、世間がどうのではなく、自分はこうだという考えを前面に押し出して生きるタイプ。それで批判を浴びても構わないというところがある。それはアイドル時代からの個性で、だからこそ花の82年組の同期でもある中森明菜さんをはじめ、一定の女性らから信奉されてきました。そういう生き方を今も続け、変わらないということでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避