• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社長として不安も…小泉今日子が語る“独立後”の今と展望

 2015年に所属芸能プロダクションから独立し、制作会社「株式会社明後日」の社長として、イベントや舞台を手掛けてきた小泉今日子(52)。大海原に船出したばかりの活動や、これからの展望を直撃した。

◇  ◇  ◇

 舞台はこれまで2本プロデュースしました。

 最初は「日の本一の大悪党」という「四谷怪談」をモチーフにした作品で、プロデュースと演出と出演の3役を兼ねたので大変でした。

 美術や音楽、照明などは長年、自分のコンサートで培ってきたノウハウがあるので、自分の思い通りできたと自負していますが、演出は向いてないかもしれませんね。人に演技をつけるにはまだ修業が足りないことを自覚した公演でした。

「明後日」という会社名は、「後から歩いてくる人たちが歩きやすいように未来への道を整えたい」という趣旨で名づけたものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る