社長として不安も…小泉今日子が語る“独立後”の今と展望

公開日:

 2015年に所属芸能プロダクションから独立し、制作会社「株式会社明後日」の社長として、イベントや舞台を手掛けてきた小泉今日子(52)。大海原に船出したばかりの活動や、これからの展望を直撃した。

◇  ◇  ◇

 舞台はこれまで2本プロデュースしました。

 最初は「日の本一の大悪党」という「四谷怪談」をモチーフにした作品で、プロデュースと演出と出演の3役を兼ねたので大変でした。

 美術や音楽、照明などは長年、自分のコンサートで培ってきたノウハウがあるので、自分の思い通りできたと自負していますが、演出は向いてないかもしれませんね。人に演技をつけるにはまだ修業が足りないことを自覚した公演でした。

「明後日」という会社名は、「後から歩いてくる人たちが歩きやすいように未来への道を整えたい」という趣旨で名づけたものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る