元力士・大至さんは見た 曙の一升瓶“片手5秒”の豪快飲み

公開日: 更新日:

 モンゴル人力士らの飲み会の暴力沙汰で大騒動になったが、ワイドショーなどで出ずっぱりだったのが元力士の大至さん(50)。いまは相撲甚句などを歌う歌手として活動する一方、都内でスナックもやっている。酒との付き合いは……。

 ◇  ◇  ◇

 僕はあまり強くないんです。でも、酒席は大好きだし、日本酒と赤ワインが大好きだけど、飲むとすぐに眠くなっちゃうんです。4年前に門前仲町でスナックを始めてから、飲み方をだいぶ覚えましたけどね。

 飲み始めたのは早かった。父親が僕を相撲取りにしようと思っていたので、酒が飲めた方がいいだろうとまだ小学生だったのにビールを飲まされて。当時は「ウエェ、苦い」と思うだけでしたね。

 中学を卒業、押尾川部屋に入門してからは先輩とかに「飲め、飲め」と言われて飲まされていました。酔いつぶれると顔中に油性ペンで落書きをされたなんてこともあったかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る