元プロ投手・門倉健さん “球団渡り鳥”ゆえ語れる納会秘話

公開日:

 現在は解説者として活躍する元プロ野球選手の門倉健さん(45)。若い頃、球団を渡り歩き、“納会”でさんざん飲まされた。特にすごかったのは……。

■近鉄は飲み会も“いてまえ”

 最初に酒を飲んだのは成人式の帰りに東北福祉大の寮で野球部の仲間と。ビールでしたけど、おいしくなかったので、これから毎日飲めるという喜びはなかったですね。周りは盛り上がっていたけど、すぐお茶に切り替えました。

 プロ入りしてからも基本的に酒好きじゃないから、試合後に飲みに行くことはほとんどなかったのですが、年に1回、絶対に飲まなきゃいけない日があるんですよ。それは球団の選手納会。

 選手と裏方さんが1泊旅行して初日に宴会、2日目にゴルフをやるんですが、宴会はいうなれば選手の忘年会。その日は酒好きじゃない選手も絶対に飲まなきゃいけない。新人の頃は先輩一人一人に挨拶に行って、お酒をつぐと、「おまえも飲めよ」と必ず返杯があるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る