元プロ投手・門倉健さん “球団渡り鳥”ゆえ語れる納会秘話

公開日:

 現在は解説者として活躍する元プロ野球選手の門倉健さん(45)。若い頃、球団を渡り歩き、“納会”でさんざん飲まされた。特にすごかったのは……。

■近鉄は飲み会も“いてまえ”

 最初に酒を飲んだのは成人式の帰りに東北福祉大の寮で野球部の仲間と。ビールでしたけど、おいしくなかったので、これから毎日飲めるという喜びはなかったですね。周りは盛り上がっていたけど、すぐお茶に切り替えました。

 プロ入りしてからも基本的に酒好きじゃないから、試合後に飲みに行くことはほとんどなかったのですが、年に1回、絶対に飲まなきゃいけない日があるんですよ。それは球団の選手納会。

 選手と裏方さんが1泊旅行して初日に宴会、2日目にゴルフをやるんですが、宴会はいうなれば選手の忘年会。その日は酒好きじゃない選手も絶対に飲まなきゃいけない。新人の頃は先輩一人一人に挨拶に行って、お酒をつぐと、「おまえも飲めよ」と必ず返杯があるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る