元プロ投手・門倉健さん “球団渡り鳥”ゆえ語れる納会秘話

公開日: 更新日:

 現在は解説者として活躍する元プロ野球選手の門倉健さん(45)。若い頃、球団を渡り歩き、“納会”でさんざん飲まされた。特にすごかったのは……。

■近鉄は飲み会も“いてまえ”

 最初に酒を飲んだのは成人式の帰りに東北福祉大の寮で野球部の仲間と。ビールでしたけど、おいしくなかったので、これから毎日飲めるという喜びはなかったですね。周りは盛り上がっていたけど、すぐお茶に切り替えました。

 プロ入りしてからも基本的に酒好きじゃないから、試合後に飲みに行くことはほとんどなかったのですが、年に1回、絶対に飲まなきゃいけない日があるんですよ。それは球団の選手納会。

 選手と裏方さんが1泊旅行して初日に宴会、2日目にゴルフをやるんですが、宴会はいうなれば選手の忘年会。その日は酒好きじゃない選手も絶対に飲まなきゃいけない。新人の頃は先輩一人一人に挨拶に行って、お酒をつぐと、「おまえも飲めよ」と必ず返杯があるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る