なぜ後継者は近藤真彦や東山紀之はではなかったのか

公開日: 更新日:

 新社長に藤島ジュリー景子氏(52)、プロデューサーに滝沢秀明(36)という新たなコンビで巨大アイドル王国を牽引することになったジャニーズ事務所だが、「意外な形だ」という声も少なくない。

 後継者として早くから名前が挙がっていたのがマッチこと近藤真彦(54)と少年隊の東山紀之(52)だった。元ジャニーズ担当記者が振り返る。

「2人とも将来の幹部候補といわれていた時期がありました。特に東山はジュリー氏と同年齢。気心が知れた仲です。結婚の噂もあったほどですが、役者として一本立ちした今、経営などにタッチする意思はない。逆に近藤のほうが経営幹部に入る可能性は高くなっていました」

 近藤は所属タレントの最年長として後輩の面倒見もよく、メリー喜多川副社長(91)から絶対的な信頼を得ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る