週刊誌で否定も…ジュリー副社長と滝沢秀明“不仲説”の真相

公開日:

 ジャニーズ事務所が創業してすでに50年の時が流れた。少年野球チームから発生した男性アイドルグループはジャニー喜多川社長(86)とメリー喜多川副社長(91)の姉弟による分業制を確立してきた。

 ジャニー氏が少年の発掘から育成、さらに舞台の演出を担当。弟の眼力で見いだされたタレントを姉のメリー氏はテレビや映画などの各分野へ売り込む。グループだけでなく、近年は個々の能力を見いだし役者、タレント、司会業、コメンテーターとしての売り込みも欠かすことはない。

「昔はグループ売りに特化していましたが、今は個の力を生かすことも定着したことで、アイドル寿命が長くなった。すべての分野でジャニーズタレントが頭角を現し、今やテレビ界を支配している。いないのはなぜかソロ歌手の分野ぐらいです(笑い)」(テレビ関係者)

 所属タレントが増えれば私生活の管理も難しい。スキャンダルを起こす確率も増える。熱愛だけでなく結婚にも対応しなければならない時代である。さらに酒や女性とのトラブルから独立騒動まで起きる。そのたびに「スキャンダル対応の陰にメリー氏あり」と言われるほどの辣腕ぶりはメディアも一目置く存在だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る