小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

若狭勝氏は情報量で圧倒 ゴーン逮捕関連の生番組は独壇場

公開日:

診断結果は…「良」

 有価証券報告書に報酬を実際より少なく記載したとして19日夜、東京地検特捜部に金融商品取引法違反の疑いで逮捕された日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者。テレビはこのニュース一色になり、そんな中で20日朝から民放各局を飛び回っていたのが元東京地検特捜部副部長で、元衆院議員の若狭勝(61)だ。

 日本テレビ系「ミヤネ屋」ではMCの宮根誠司らが事件の概要を伝えた後、経済ジャーナリストの渋谷和宏とともに東京のスタジオから生出演。“なぜ東京地検が乗り出したのか”“脱税ではないのか”“司法取引とは何か”についてわかりやすく、具体的に解説した。

「ライブドアの堀江さんやカネボウ、オリンパスの有価証券報告書への虚偽記載などの金融関係は(国税ではなく)地検特捜部がやることが多い。これ(今回の逮捕容疑)は入り口だ」と特別背任や業務上横領への展開を示唆。「日本にどの程度居住しているのかによっては、所得税法違反もあり得る」「(地検への)情報提供者は日産内部にいる。虚偽記載に関わっている人ですね。しっかり話すので自分の刑は軽くしてくださいと地検と取引したのだろう」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る