クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年、米国)

公開日:

 冷戦下のアメリカのある町に暮らすアラフォー独身女性イライザは、幼少期に受けた傷のせいで言葉がしゃべれない。毎朝、浴槽でオナニーしてから、清掃員として働く研究所に向かう。

 平凡な毎日のある日、日めくりカレンダーをめくると、裏に書かれた格言に目が留まる。その今回の言葉から一転、甘美な水中の変態世界に引き込まれていく。

 その“キーマン”が、研究所に持ち込まれた半魚人。当初は凶暴で、高圧的な警備員の指を食いちぎったりしたが、彼女と心を通わせるうちに恋に落ちる。

 チープな展開でも、傑作「パンズ・ラビリンス」で注目されたギレルモ・デル・トロ監督の演出は力強く、独創的なビジュアルは圧巻。同じようなダークファンタジーの舞台をスペインからアメリカに変え、バージョンアップしている。

 半魚人を巡って、生体解剖計画が浮上し、話が動く。“彼”を助けて海に逃がそうとする彼女を助けるのは、ゲイの老画家やアフリカ系黒人女性、渋々スパイになったロシア人博士たち。周りもイライザと同じように自分の権利を声にして主張できない。その設定が興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る