クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年、米国)

公開日: 更新日:

 冷戦下のアメリカのある町に暮らすアラフォー独身女性イライザは、幼少期に受けた傷のせいで言葉がしゃべれない。毎朝、浴槽でオナニーしてから、清掃員として働く研究所に向かう。

 平凡な毎日のある日、日めくりカレンダーをめくると、裏に書かれた格言に目が留まる。その今回の言葉から一転、甘美な水中の変態世界に引き込まれていく。

 その“キーマン”が、研究所に持ち込まれた半魚人。当初は凶暴で、高圧的な警備員の指を食いちぎったりしたが、彼女と心を通わせるうちに恋に落ちる。

 チープな展開でも、傑作「パンズ・ラビリンス」で注目されたギレルモ・デル・トロ監督の演出は力強く、独創的なビジュアルは圧巻。同じようなダークファンタジーの舞台をスペインからアメリカに変え、バージョンアップしている。

 半魚人を巡って、生体解剖計画が浮上し、話が動く。“彼”を助けて海に逃がそうとする彼女を助けるのは、ゲイの老画家やアフリカ系黒人女性、渋々スパイになったロシア人博士たち。周りもイライザと同じように自分の権利を声にして主張できない。その設定が興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る