クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ラビング~愛という名前のふたり~(2016年・英国/米国)

公開日: 更新日:

 罪状は、結婚――。1958年、ラビング夫妻は逮捕される。当時、肌の色が違うと、結婚が許されなかったのだ。

 異人種間結婚は神への冒涜(ぼうとく)だと罵られ、故郷を追われる。窮屈な環境で家庭を築くが、幼子の将来に不安を抱いた黒人の妻は、司法長官への手紙で自由を訴える。長官は米自由人権協会へ相談、妻は弁護費用の援助を受けて裁判を起こす。

 でも、裁判映画ではなく、カメラは支え合う2人を追い続ける。白人の夫は武骨で寡黙だが、妻を愛し懸命に家庭を守る。最高裁判決の日、弁護士に判事への伝言はあるかと尋ねられると、「オレは妻を愛している」とぽつり。そのシーンが渋くてカッコいい。

 夫は弁護士やマスコミを信用できず、妻の言葉のみ信じる。妻はそんな不器用な夫を思いやり、自分が前面に出て発言する。見事勝訴し、結婚は生得権と認められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る