• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ラビング~愛という名前のふたり~(2016年・英国/米国)

 罪状は、結婚――。1958年、ラビング夫妻は逮捕される。当時、肌の色が違うと、結婚が許されなかったのだ。

 異人種間結婚は神への冒涜(ぼうとく)だと罵られ、故郷を追われる。窮屈な環境で家庭を築くが、幼子の将来に不安を抱いた黒人の妻は、司法長官への手紙で自由を訴える。長官は米自由人権協会へ相談、妻は弁護費用の援助を受けて裁判を起こす。

 でも、裁判映画ではなく、カメラは支え合う2人を追い続ける。白人の夫は武骨で寡黙だが、妻を愛し懸命に家庭を守る。最高裁判決の日、弁護士に判事への伝言はあるかと尋ねられると、「オレは妻を愛している」とぽつり。そのシーンが渋くてカッコいい。

 夫は弁護士やマスコミを信用できず、妻の言葉のみ信じる。妻はそんな不器用な夫を思いやり、自分が前面に出て発言する。見事勝訴し、結婚は生得権と認められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る