クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

スリー・ビルボード(2017年、英国/米国)

公開日:

 米国の田舎町に暮らす母親ミルドレッドは、女手一つで育ててきた娘をレイプされ、焼き殺されてしまう。犯人が捕まらず、警察への不満を募らせると、道路沿いに広告板を3枚デカデカと張り出す。そんなアナログな抗議行動が予想外の波紋を呼ぶ。

 非難された警察署長は住民からの信頼が厚く、別れたDV夫からもののしられる始末。そこで浴びせられた言葉だ。

 末期がんだった署長はやがて3通の遺書を残して自殺。差別主義者の部下は広告板のせいだと勘違いし、ゲイを窓から突き落として大ケガをさせる。その言葉通り広告板が次々と負の連鎖を生んでいく。

 注目は、そこに色濃く描かれた人間の悲哀だろう。ミルドレッドを演じるフランシス・マクドーマンド、差別主義者の警官をサム・ロックウェルが演じる。オスカーに輝くのも納得で、署長役のウディ・ハレルソンと共に、やりきれない不毛な人間の心の闇を丁寧に映し出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る