本人確認の限界露呈 故桑名正博さん“偽長男”騒動の後始末

公開日:

 故桑名正博さんの「長男」をめぐる騒動は、一部メディアなどでの本人確認の甘さを露呈させた。問題の男が全国各地に出没しているとの報道後、桑名さんの息子だとして夏に番組出演させていた福島市のFM POCOは「出演時の詳細確認が不足していました」と謝罪したが、地方のラジオ局に見破れという方が酷というものだろう。スポーツ紙芸能記者が言う。

「男が11月、沖縄にいたところを桑名さんの知人が見つけ、警察署に連れて行って騒動は表面化しました。もっとも、被害届が出ていたということもなく、逮捕に至ったというわけじゃない。フジテレビの直撃に応えているのですが、桑名正博の長男の乃羅と名乗っています。母親がホステス時代に桑名さんと知り合って生まれたのが自分で、そのことを亡くなった母から聞いた。嘘偽りは一切ないと主張しています」

■当人から「本人だ」と言われたら信じるしか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る