桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

テレビは炎上に飛びつき炎上にビクビクするアホばかり

公開日: 更新日:

「ネットが炎上」というのは便利な言葉だ。スマホやパソコンが燃えるわけじゃなし、「炎上、炎上」と、うるさ過ぎる。番組も“炎上”を基準にして制作しているフシすらある昨今だ。でも、どんな話題にも賛否両論あるのは当たり前。世の中、少数意見やら踏み込んだ意見、開き直った意見があって当たり前。炎上したから、なんだってんだ。

 とにかくテレビは「ネットが炎上」が大好物で、どこかで炎上していないかと目を皿のようにして探す。もう消えかかっている火でも無理やりガソリンをかけて「炎上」させるからタチが悪い。

 そのくせ、一度、自分たちが攻撃されると毅然として戦うどころか、すぐに白旗を揚げる。夏菜主演の「人生が楽しくなる幸せの法則」(日本テレビ系)も炎上の被害を受けた。

 もともとのタイトルは「ちょうどいいブスのススメ」。それが女性差別だなんだと言われ、放送前に改題した。そもそも、お笑い芸人・相席スタートの山崎ケイの売り文句で、山崎いわく「ちょうどいいブス」は「酔ったらイケるブス」のこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る