井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

炎上に次ぐ炎上…芸能人の“クレーム投稿”は本当にNGなのか

公開日: 更新日:

 政務活動費を不正に得た疑惑のある元神戸市議との交際を明らかにし、炎上した元SPEEDで参議院議員の今井絵理子(35)。記録的な豪雨が降りはじめたその日の夜、赤坂の議員宿舎で宴会を開き、その様子をSNSでわざわざ報告して炎上となった自民党の主力議員ら。いずれの批判にも多用されたのが、「税金泥棒」という強いワードだった。

 納税者、有権者にすればそう指弾したいという気持ちはわかるが、名誉毀損などで訴えられかねない危険な言葉遣いである。

 こうした強いワードでの非難は、相手が芸能人や政治家であり、公人なのだから何をどう言っても構わないという勝手な「妄信」に基づくものだろう。公人だろうが私人だろうが、酷い言葉を遠慮なく投げつけてよいということはない。他人への尊重がないところには、絆もコミュニケーションも生まれはしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る