素質は十分…落語界史上初「3代現役」の可能性が出てきた

公開日: 更新日:

 親子で同時代に活躍した落語家はいたが、3代揃ってというのはいまだにない。ところが、2015年に木久蔵の長男が林家コタの芸名で、父親の芸歴20周年記念公演で初舞台を踏んだ。私は客席で見ていたが、とっても口調がよく、はきはきと「桃太郎」の小噺を演じたので驚いたものだ。これで歌舞伎役者みたいに、3代が現役という可能性が出てきた。

「コタが生まれた時に、『将来、木久蔵を継がせなさい』って言われましたから(笑い)。俺はつなぎかよってツッコミました。ただ、今10歳で小学校5年生なので、まだどうなるかわかりません。僕の場合、幼い頃からある程度落語を教えてもらってたらどうなっていたかと思うことがあるんで、コタにはその環境を感じ取って欲しい」

 祖父の木久扇はどう考えているのか。

「うれしいですね。孫のためにも、できるだけこの世にいてあげなくちゃと思ってます。僕が稽古をつけてて、今『初天神』を覚えてる最中ですが、とってものみ込みが早い。それに高座に出ても上がらない。これには驚きです。でも、必ず落語家になれというわけじゃない。あくまでも当人の意思を尊重します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る