素質は十分…落語界史上初「3代現役」の可能性が出てきた

公開日: 更新日:

 親子で同時代に活躍した落語家はいたが、3代揃ってというのはいまだにない。ところが、2015年に木久蔵の長男が林家コタの芸名で、父親の芸歴20周年記念公演で初舞台を踏んだ。私は客席で見ていたが、とっても口調がよく、はきはきと「桃太郎」の小噺を演じたので驚いたものだ。これで歌舞伎役者みたいに、3代が現役という可能性が出てきた。

「コタが生まれた時に、『将来、木久蔵を継がせなさい』って言われましたから(笑い)。俺はつなぎかよってツッコミました。ただ、今10歳で小学校5年生なので、まだどうなるかわかりません。僕の場合、幼い頃からある程度落語を教えてもらってたらどうなっていたかと思うことがあるんで、コタにはその環境を感じ取って欲しい」

 祖父の木久扇はどう考えているのか。

「うれしいですね。孫のためにも、できるだけこの世にいてあげなくちゃと思ってます。僕が稽古をつけてて、今『初天神』を覚えてる最中ですが、とってものみ込みが早い。それに高座に出ても上がらない。これには驚きです。でも、必ず落語家になれというわけじゃない。あくまでも当人の意思を尊重します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る