愛称「木久ちゃん」継続の戦略が大当たりした襲名披露興行

公開日: 更新日:

 2007年、木久蔵という名跡を息子のきくおに継がせることにして、新たな芸名を「笑点」の視聴者から募集することにした。

「人気番組なんで驚くほど集まりました。いくつかに候補を絞って、僕自身が選んだのが木久扇です。『おう』という音は『王』『翁』と同じだからいいなって。しかも『木久ちゃん』の愛称はそのままです」

 この戦略は見事に当たり、襲名披露興行は寄席だけでなく全国の地方公演も大入り続きだった。

 当時の記者会見で、木久扇は、「落語は奥深いものですが、その入り口で私が宣伝マンを務めたい」と語った。立派な所信表明だと感心したものだ。

「落語ファンを増やすためには落語を全国に広める人がいないとダメなんです。どうして古典落語をやらないんですかと聞く人がいるけど、僕だって彦六の弟子だからできないわけじゃない。でも僕が古典やったってしょうがないでしょ。小三治さんみたいに古典をやって頂点を極める人と、僕みたいなタイプと両方いなくちゃいけないんですよ。それぞれの役割がある。僕は僕のやり方で多くのお客さんを増やしたと自負してます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る