愛称「木久ちゃん」継続の戦略が大当たりした襲名披露興行

公開日: 更新日:

 2007年、木久蔵という名跡を息子のきくおに継がせることにして、新たな芸名を「笑点」の視聴者から募集することにした。

「人気番組なんで驚くほど集まりました。いくつかに候補を絞って、僕自身が選んだのが木久扇です。『おう』という音は『王』『翁』と同じだからいいなって。しかも『木久ちゃん』の愛称はそのままです」

 この戦略は見事に当たり、襲名披露興行は寄席だけでなく全国の地方公演も大入り続きだった。

 当時の記者会見で、木久扇は、「落語は奥深いものですが、その入り口で私が宣伝マンを務めたい」と語った。立派な所信表明だと感心したものだ。

「落語ファンを増やすためには落語を全国に広める人がいないとダメなんです。どうして古典落語をやらないんですかと聞く人がいるけど、僕だって彦六の弟子だからできないわけじゃない。でも僕が古典やったってしょうがないでしょ。小三治さんみたいに古典をやって頂点を極める人と、僕みたいなタイプと両方いなくちゃいけないんですよ。それぞれの役割がある。僕は僕のやり方で多くのお客さんを増やしたと自負してます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る