父・木久蔵が好きな言葉は「入金」嫌いな言葉は「税金」

公開日: 更新日:

 林家木久扇、木久蔵のように親子ともども現役として活躍しているのは落語界でも珍しい。年頭にあたり、この親子師弟にご登場願った。当欄初の同時インタビューである。

 木久扇は2014年に喉頭がんに侵されたが放射線治療で治した。商売道具の喉の病気なので案じられる。まずは近況を伺った。

「おかげさまで声はよく出ています。第1部のトリは午前中なので、昼間のほうが調子がいいのです」

 1976年に腸閉塞、2000年には胃がんの手術を受けて完治。そして、喉頭がんも克服した。まさに不死身の男である。

「病気するたび収入が増えてるんです。胃がんが治った時なんかインタビューが85件、講演なんかもあって儲かっちゃった」

 転んでもただでは起きぬ。すかさず木久蔵が口を挟む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る