井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

バカ丸出しのドアホな独裁者どもは早く退散させたいものだ

公開日: 更新日:

 いきなり、核兵器の問題だが、大国だと思いあがってるアメリカやロシアの指導者どもは本当にどういう魂胆で生きてやがるのか。中国も変わらないが、世界に何を望んで、自分だけで何を目指してやがるのか、分かったもんじゃない。

 核爆弾を持ってしまったアメリカと旧ソ連が、どっちから先に核ボタンを押さなければならないのか、そんな“地球絶滅戦争への誘惑”という悪夢を見続けた東側と西側がにらみ合った冷戦時代なんか、もうとっくに終了したんじゃないのかと耳を疑うようなニュースが飛び交っている。今さら、なんであんな向こう見ずな“核兵器の軍拡競争”へ逆戻りさせるつもりなのかと呆れ返った。世界の指導者どもは「悪徳」にしか目がいかず、ダサいヤツばかりで愚かしい。

 アメリカが(というか、全てはトランプ野郎の浅ましい考えだろうが)、「中距離核戦力全廃条約」という、三十数年前に西と東でしかと締結して冷戦状態を終わらせるきっかけになった大事な条約からの“離脱”を、こともあろうにロシアに(というかプーチン野郎に)通告すると言いだした。すると、ロシアのバカも「おお上等だ」と受けて立ったようで、なんでこんなドアホな独裁野郎たちに世界がかき回されなければならないのか、おまえら米国とソ連が結んで約束して、いがみ合いも殺し合いもやめにしたはずのことをどうして思い返そうとしないのか? ほんとにおまえらは愚か者どもだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る