井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

大作2本で総制作費15億の大枚をはたいてくれる投資家は…

公開日: 更新日:

 小生にも映画への果てしない夢がある。今年はいろんな夢をかなえてみたくなった。幸か不幸か、テレビ番組のレギュラー出演もないし、体が軽くなって動きやすくなったし、テレビで正義面してコメントする人間には自分はどうも向いてないようにも思ったし、年末、インドシナのメコン川の辺りまで映画ロケに行ってきて、貧しくてゴミ漁りをしながらも、群れ戯れる元気なアジアの子供らを見たら、俄然、こっちも映画という虚業をしっかりとやりたくなった。

 年を越えて取りかかってきた、日本人が敗戦から欲望の資本主義の下、一目散に駆け抜けた昭和を振り返る映画はただ今絶賛仕上げ中だが、これまた、1カットごとに平成の現代風景をCGを使って塗り潰していかなければならなくて手を焼いている。写っている画面のすべてを昭和に塗り替えるにはとても面倒な手作業とお金がかかる。まあ手弁当で作り上げるのは慣れたことだが、映画の製作費はいくらあっても足りないものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る