井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

金委員長 悪知恵はイムジン河に捨て水鳥の自由知ってみろ

公開日: 更新日:

 北朝鮮の金委員長がまたアメリカと会談することになったとか。要は先に経済制裁を少しでも緩めてほしいのだ。そうでないと国にお金がないからだ。核施設の正確な解体リストをアメリカに示さないことには制裁解除されないのはよく分かってるくせに、アメリカをさらにじらせるだけじらせ「親書」というチョコレート代わりのラブレターを何度も未来の金づるに送り、「再会談」義理デートを要求していたわけだ。お金にコスい女の意地悪いタカり方に似て、ドタマのいい上手な外交だ。

 制裁から逃れ、国に「外貨」が入って少しでも国民に回るようになるには早いとこ“非核化”のためにやることをちゃんとやった方が明日のためなんだぞ。在日の人たちよ、そうだろ? 再度の会談で“マッチョ商人”トランプに心変わりをさせないよう、次こそが正念場じゃないのか。未来の金づると援助交際を始めたいなら、疑ってばかりいないで早いとこ休戦協定から平和協定に切り替えて、前に進んでほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事